eKワゴンの買取と下取り査定はこちら

eKワゴンの買取とディーラー下取りのどっちが高いか調べました

eKワゴンの買取と査定で損しない方法を紹介しますeKワゴン買取の相場がすぐにわかります

 

 

eKワゴンは三菱自動車が2001年より製造販売しているトールワゴンタイプの軽自動車です。
トールワゴンタイプの軽自動車といえば、1993年に登場したワゴンRが元祖ですが、実はミニカトッポという車高の高い軽自動車が1990年三菱自動車から販売されており、このミニカトッポを開発した人物によって、eKワゴンも手掛けられています。

 

2013年より現行型の3代目のeKワゴンに移行していますが、日産自動車との共同開発である点が従来までのものとは違う点です。
eKワゴンは外観が軽自動車とは思えないような豪華で迫力のあるデザインとなっており、ミニバンをそのまま小さくしたような雰囲気があります。
エンジンはMIVECエンジン「3B20型」をベースに改良が施された新世代のものが搭載されました。
また、アシストバッテリーを搭載しJC08モード燃費は30.0km/Lを実現しています。

 

eKワゴンの買取相場は高値で安定していますが、ディーラーに下取りしてもらうのと、買取業者に買い取ってもらうのとでは、価格にかなりの差が生じることがあります

 

そのため三菱eKワゴンは下取りと買取を同時進行で進めていくのが最も賢い方法と考えられます

 

価格だけでみると、基本的に買取のほうがeKワゴンは高値になるケースが多いです。
しかし、ディーラーも新車の売り上げを伸ばす目的で、下取りに力を入れることがありますが、実際は買取のほうが良い結果になります。

 

また、買取の場合は1社単独ではなく、複数を競合させることで初めてeKワゴンの高額買取が可能となります

 

 

eKワゴンの買取価格をアップさせるための3つの大事なポイントとは?

eKワゴンの中古車を売る場合、少しでも高く買取してもらえると嬉しいものですが、eKワゴンの買取価格をアップさせるための大事なポイントがあります

 

ポイントは3つあります

 

eKワゴンの買取査定前にきれいにしておく

まず、買取においてはeKワゴンの査定が行われます。
その際に、マイナス査定となってしまうような要素をなるべく排除することが求められます。
たとえば、傷やヘコミがある、走行距離が平均よりも多い、室内が汚れているなど、マイナス査定になりうるものがいろいろあります。
この中で、少なくとも査定に前にeKワゴンの汚れをきれいにしておくということはできます。

 

eKワゴンの下取りと買取を比較する

二つ目は、最高値でeKワゴンを買取ってくれるお店を見つけ出すことです。
一般に中古車の買取は、ディーラーの下取りと買取業者の買取の2通りがあります。
下取りよりも買取のほうが高値になることが多いですが、実際にやってみないとわからないので、両方とも査定してもらい、より高いほうにeKワゴンを売るという方法がベストです。

 

複数の買取業者を競合させる

三つ目に、複数の買取業者を無料一括査定サイトなどを通して、競合させることです。
競合させる効果は非常に大きく、相場を大きく上回る可能性を秘めています。
しかも、無料一括査定サイトを利用すれば、わざわざ自分で複数の買取業者と連絡を取りあう必要がなく、サイトのほうからeKワゴンの査定の依頼を行ってくれます。
これは大変便利なのでぜひ利用してみると良いでしょう。
利用方法はとても簡単です。
フォームに従ってeKワゴンの年式、走行距離などを記入すればOKです。

 

eKワゴンの買取相場が簡単にすぐわかる

 

 

eKワゴンを高く売るなら車買取一括査定サイトを利用しよう

少しでもeKワゴンを高く売りたい場合には、車のディーラーや販売店での下取よりも中古車買取店による買取を選ぶほうが断然お得です。
比較的程度の良いeKワゴンであれば、ディーラーによる下取価格と買取店による買取価格では、大きい場合で二十万円ほどの差が生じることもあります。
しかし、中古車買取店を探してeKワゴンの査定を依頼することも面倒、という方には更に良い方法があります。

 

それは、車買取一括査定サイトの利用してeKワゴンの買取をしてもらう方法です
車買取一括査定サイトを利用すれば、インターネットからの簡単な申し込みによって、eKワゴンの査定の見積もりを取得することができます。

 

車買取一括査定サイトの最大のメリットは、一言で表現すると、どこよりもeKワゴンが高く売れるということです。
複数の買取業者に対し、同時に査定依頼を行うことが可能であるため、業者間の競争が生まれ、高い査定額を出してもらえる確率が高まります。
そして、eKワゴンが高く売れるというわけです。

 

ディーラーの一番の目的は新車を売ることです。
これに対して、車買取一括査定サイトの一番の目的は車の買取です。

ディーラーによる下取は、新車を買ってもらうための付属サービスにすぎないため、高い価格での下取は期待できません。
一方、車買取一括査定サイトは車の買取がメインの仕事であるため、ディーラーよりも高い価格を提示してもらえます。

 

以上のことから、大切な愛車であるeKワゴンを少しでも高く売るためには、車買取一括査定サイトを利用することが賢明な選択だと言えます

 

三菱eKワゴンの中古車買取相場

eKワゴンは2001年から三菱自動車が製造販売しているトールワゴンタイプの軽自動車で、3代目となる現行モデルは2013年に登場しました。
3代目eKワゴンの大きな特徴となっているのは、開発が三菱と日産の合弁会社であるNMKVが行っていることです。
製造は三菱自動車が行っていますが、日産から販売されているDAYZは、eKワゴンと同じものです。

 

eKワゴンの先代モデルと比べると、全高が70mm高くなっており頭上空間に余裕が生まれ、またホイールベースが90mmも拡大されたことで、後席の快適性も上がっています。
搭載されているエンジンは、659ccの3B20型 直3 DOHC12V MIVEC エンジンで、JC08モード燃費は25.8km/Lと「平成27年度燃費基準+20%」をクリアする低燃費を実現しています。
eKワゴンの売れ筋は価格が安い基本グレードの「M」で、eKワゴン全体の約半数を占めています。
一方ドレスアップが施されたeKカスタムは、唯一のターボモデルである「T」が一番人気となっています。

 

eKワゴンの買取相場は高値で安定しています
その中でも人気が高いターボモデルは高額買取が期待できます。
軽自動車の中古車は一般的に値落ち率が低く、年式が古くなってもeKワゴンの買取価格の価格は穏やかに安くなる程度です。
そのため慌てて早く売る必要がありませんが、新型モデルが登場すると買取価格は減少する傾向があるので、買い替えサイクルが早い方は、新型登場から4年目となる来年あたりから、モデルチェンジの情報には注意していましょう。

eKワゴンの買取相場は車買取一括査定サイトでわかります

eKワゴンの買取相場を知る時には、中古車販売店か車買取店に出向き査定をしてもらうのが一般的です。
ですが自宅の近くにそういった店がない、あるいは忙しく時間が取れない、そんな方もいますね。

 

そこで注目したいのが、車買取一括査定サイトをつかって、eKワゴン買取の相場を調べる方法です
まず基本的にインターネット上でのやりとりになりますが、車買取一括査定サイト上で自分の住所や車種情報を入力します。
その後近くの買取店が自動で選び出され、同時にeKワゴンの査定依頼が出来る仕組みです。

 

通常ディーラーで下取りに出すか近くの買取店等に出向くのは、そこで掲示される金額だけです。
車買取一括査定サイトにて申し込み複数の買取店にて査定してもらえば、前者の場合よりも高額査定額が出やすいです。
それは1社だけではなく、複数の業者間での査定競争があるからです。
ユーザーとしては少しでもeKワゴンの買取金額を上げて欲しいですね。

 

車買取一括査定サイトも口コミや評判の良い、出来るだけ長い年数やっている業者にeKワゴンを買取依頼しましょう

長い年数やっていると言う事は、悪い評判より良い評判の方が多いと言う事です。
悪い評判がたてば、どんどん広まりユーザーはどんどん離れていきます。
そう言うサイトはやって行けなくなります。
どうしてもそのeKワゴンを買取りたいと言う業者がいれば、当然他社よりも高い査定額を出してきます。

 

数少ないデメリットとしては、同時に複数の買取店より電話がかかってきて一々対応しなければいけないと言う事です。
しかし少しでもeKワゴンを高く売りたいのならば必要な最低限の苦労です。
中には下取り額よりも、数十万円以上も高く売れる事もあります。

 

eKワゴンの買取相場が簡単にすぐわかる

 

 

eKワゴンの買取と査定エリア

北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・静岡・山梨・新潟・富山・石川・福井・長野・岐阜・愛知・三重・奈良・和歌山・滋賀・京都・大阪・兵庫・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・など全国どこでもeKワゴンを高く買取中です。